仕事を盗むことが一番のスキルアップ!営業〜マーケティングまで

仕事

仕事を盗めと言われるけど、どうやって盗むのだろう、そもそも何の意味があるのだろう、と悩んでいませんでしょうか。

実は仕事を盗む本当の意味を知ることができると、どんどんスキルアップができます。今回の記事では、スキルアップのコツを紹介していきます。

1.仕事を盗むスキルとは?【営業編】

営業スキルを盗む方法①「トークスクリプトを参考にする」

新規顧客を獲得するためには、テレアポをする必要があります。テレアポとは、お客さんに電話して、商談の約束を取る仕事です。

しかし、テレアポをうまく成功させるためには、噛まないでスラスラと話すのはもちろんのこと、お客さんの心を掴むためにトークスクリプトが必要となります。

テレアポをする時に先輩のトークはどんなことを伝えているのか?どんな風に受付を突破しているのかなど、参考にすることがたくさんあるので、営業の仕事を理解するためにはまずトークスクリプトを盗むことが大切です。

営業スキルを盗む方法②「優良リストの手に入れ方」

営業という仕事は、「話がうまい」、「準備をしっかりしている」、「相手をリサーチする」など大切なことはたくさんありますが、その中でも優良リストを手に入れることができるかが重要です。

単純に、「商品を求めているお客さん」と「今は必要ないと思っているお客さん」がいたとしたら、前者の方が商談を成功させることのできる確率は高いでしょう。

じゃあ優良リストをどうやってトップ営業マンは手に入れてるのか??

そこをしっかりと調べていくと、実は講演会に参加して優良顧客を手に入れていたり、実はあるサイトに載っている企業は優良案件だったりなど、いろいろなコツがあるのです。

営業スキルを盗む方法③「商談の進め方」

営業でやっぱり重要なのは商談の進め方です。この部分は先輩のやり方を盗むと良いでしょう。

「何を伝えるべきなのか」

「何を質問するべきなのか」

「お客さんのニーズを聞き出すにはどうすればいいのか」

「予算はいくらなのか」

などなど

商談を進める上で大切なことがたくさんあります。

実際に売れている営業マンはストーリーが出来上がってるので、参考にすると良いでしょう。

仕事を盗むスキルとは?【マーケティング編】

競合サイトを参考にする

マーケティングの仕事で大切なのは、競合サイトを分析することです。

自社サイトと競合サイトの構成はどう違うのか?

検索した時に上位に出ているサイトはどんなコンテンツなのか?

たくさんのサイトをリサーチしていくとすごく参考になります。マーケティングの基本は、他社サイトをしっかりと分析することと言っても過言ではないでしょう。

文字数や写真、位置も参考にする

他社サイトをしっかりとリサーチすることができたら、細かく見ていきましょう。

競合サイトはコンテンツの文字数はどれくらいなのか?

写真はどんな質感で、何枚使っているのか?

位置はどのようになっているのか?

一つ一つ見ていくとすごく参考になります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

仕事のスキルを盗む方法について、営業とマーケティングで紹介いたしました。

ぜひ参考にして試してみてください。