株の取引時間は何時から何時まで?わかりやすく解説

株の取引時間

「株を取引できる時間は何時から何時まで?」と気になっていませんでしょうか。

今回の記事では、わかりやすく株の取引時間について紹介しています。

株の取引時間は何時から何時まで?わかりやすく解説

株の取引時間は?

株の取引が行われる(売買が成立する)時間は証券取引所ごとに決まっています。

例えば、東証(東京証券取引所)の取引時間は下記になります。

平日(祝日以外の月曜〜金曜)

09:00〜11:30

12:30〜15:00

までの1日2回となります。

午前中の取引を前場と呼び、午後の取引を後場と呼んでいます。

株の取引時間外は注文できないの?

証券会社が営業していれば、売買の注文を出すことはできます。

休日や夜間などの取引時間外で出された注文は、次の取引がある日の寄り付き(その日の最初の取引)で処理されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://redcat75.sakura.ne.jp/okane-book/stock-opening/

インターネットを使った取引であれば、ほとんどの証券会社が営業時間外でも24時間受け付けてくれます。

夜間でも取引できるPTSとは

証券会社によっては、PTS(私設取引システム)と言って夜間でも株の取引ができるシステムがあります。

注意して欲しいのは、証券取引所ではなく、証券会社がネットワーク上に開いた株の取引所のことです。実例を見てみましょう。

SBI証券のPTS時間

08:20~16:00

17:00~23:59

松井証券のPTS時間

08:20~15:30

17:30~23:59

最後に

いかがでしたでしょうか。

ちなみにアメリカの証券取引所の取引する時間は09:30~16:00です。

日本時間でいうと11:30~06:00になります。ぜひ参考にしてください。

※サマータイムの場合10:30~05:00