スペインの旅行費用はどのくらい?おすすめ時期や内訳も紹介

スペイン 旅行費用

スペインには、闘牛やフラメンコ、ガウディの建築、ひまわり畑、ワイン…スペインのイメージは多様で、ひとそれぞれです。

日本からは遠いスペインですが、旅行にはどのくらいの費用がかかるのか調べてみました。記事では、各旅行会社のスペイン旅行の費用や内訳、安い時期について記載しています。

1.各旅行会社で比較!スペイン旅行のツアー費用とは

スペイン旅行費用

スペインへのツアー旅行は1週間前後が主流です。今回は人気の都市バルセロナへの7日間のツアー料金を大手2社で比較してみます。

7日間といっても、フライト時間と時差の関係で、現地での宿泊は5泊(フライトによっては4泊)になってしまいます。

A社のスペイン旅行費用

安いツアー(設定は2月から3月)では100,800円から127,800円です。

内容は片道送迎付き、現地フリー、スタンダードクラスホテル利用です。中東系の航空会社利用なので
中東での乗り継ぎになります。また、フライトの出発時刻の関係で現地が4泊になります。

高いツアーでは347,900円から540,900円というものがあります。

こちらもエコノミークラス利用で現地フリーですが、安いツアーと比較するとホテルのグレードが高いのと、ヨーロッパの航空会社を利用し乗り継ぎがヨーロッパであること、往復の送迎が付いていることなどが違ってきます。

また、フライトの時間が良いので現地で5泊できることも大きな違いです。こちらはツアーの設定が2月~8月なので、ツアー価格の幅が大きくなっています。

B社のスペイン旅行費用

安いツアーでは89,800円から169,800円というものがあります。中東系の航空会社利用、現地4泊でフリー、送迎は片道のみ、ホテルはスタンダードクラスです。

設定が2月から7月なので価格幅が大きくなっています。高いツアーは2月から6月の設定で289,800円から549,800円というものがあります。

これはホテルのグレードがやや良いのと、ヨーロッパ系のフライト利用、往復送迎と半日市内観光付き、などの条件が安いツアーと異なっています。

2.スペイン旅行の費用が安い時期とは

年末年始やGW、夏休みなどみんなが休みを取れる時期のツアー料金は高くなります。また、3月後半の春休みの時期も高くなります。

反対に安いのは10月下旬から2月になります。

スペインは地域により気候に違いがあり、北部のベストシーズンは6月から8月、南部は夏は暑くなるのでベストシーズンは4月から7月と9月から10月になります。

旅行代金との兼ね合いで訪問する時期を決めたいものです。

3.個人手配でスペイン旅行に行く場合の費用

個人手配のスペイン旅行費用①「航空券」

日本からスペインへの直行便はないので、たいていの場合、中東かヨーロッパで乗り継ぎます。

航空券は安くて5~6万円台から出ることもありますが、一般的には10万円前後です。

しかし、これに燃油サーチャージ料や空港使用料などがかかる場合も多いので、よく確かめる必要があります。

個人手配のスペイン旅行費用②「ホテル」

スペインのホテル価格は、日本と同等か、それより少し安いくらいです。

ドミトリータイプの宿などは1泊3,000円前後からというところもありますが、バルセロナやマドリードなどの大都市では、スタンダードクラスのホテルが1泊10,000円から15,000円前後、高級クラスで20,000~40,000円前後が目安です。

祭りなどのイベントが開催される時期は、価格が高騰することがあります。地方都市だと宿泊の価格はもっと安くなります。

個人手配のスペイン旅行費用③「食費」

タパスバルでは小皿料理が350円から800円程度ですが、飲み物を頼むと何品か付いてくることも多くあります。カジュアルレストランではランチが1,000円から1,500円程度です。

高級レストランではランチとディナーの区別なく8,000円くらいからと、日本とさほど違いはないと考えて良さそうです。

個人手配のスペイン旅行費用④「観光」

代表的な観光地の入場料は次の通りで、決して安くはない金額です。(1ユーロ約125円)

マドリード王宮 10ユーロ

サグラダ・ファミリア 15ユーロ

アルハンブラ宮殿 14ユーロ

最後に

スペインに関しては、1つ1つの旅のパーツが決して安くはないので、フライトや宿泊を個人で手配するよりパッケージツアーを利用した方がお得な場合が多々あります。

自分のしたい旅のスタイルと価格を比べて計画を立ててください。