営業の仕事内容が知りたい!著者の体験談もかんたん紹介

営業 仕事内容

営業の仕事内容を知りたいと考えていませんでしょうか。

元々営業をしていた著者の体験も踏まえて、営業内容について紹介していきます。

営業の仕事内容が知りたい!まずは「種類」について

営業の種類①「新規開拓」

営業の種類として、新しいお客さんを獲得する新規開拓という営業方法、種類があります。

これからどんどん伸ばしていこう!と考えている事業であれば、絶対に必要となる仕事です。

初めて営業職という仕事をしたいと考えている人がいるとしたら、色々と獲得方法に融通が効きますのでおすすめです。

営業の種類②「ルート営業(既存顧客)」

こちらの営業は、すでに契約を取っているお客さんにアプローチする営業方法です。ルート営業は信頼関係を作ることが大切になってきます。

既存顧客の方に新しい商品であったり、アップデートした商品であったりなどを提案するような営業です。

営業の種類③「反響営業」

反響営業は、不動産の仲介をしている会社や車屋さんなどが行う営業です。お客さんが来店して時に、ニーズを聞き出し、最適な商品を紹介します。

反響営業に向いてる人は、電話対応などはもちろんのこと、お客さんが何を欲しているのか把握する力がある人です。

より具体的に営業の種類をかんたん紹介

コピー機を売るような有形商材の営業

営業の種類として、コピー機や車などを売る有形商材の営業があります。

この商品がなぜこの価格なのか、この商品でどんなことができるのか、を説明するのは有形商材の方がやりやすいです。

HPや広告などの無形商材の営業

ホームページや広告などの無形商材を売る営業があります。

効果の部分について不明確な分、なぜこの値段なのかを説明できる、費用対効果はどうなのかを期待させることができる人が向いてます。

アポイントを取るための営業内容について

営業内容①「飛び込み」

昔からある営業スタイルとして、飛び込み営業というのがあります。

文字通り、約束をしていない会社に直接伺い、アポイントの約束、もしくは提案をさせてもらえないか頼む営業です。

基本的には断られてしまいますので、切り替えが早くメンタルも強くないと難しいでしょう。

営業内容②「テレアポ」

テレアポは電話で顧客との商談を取る営業手法です。

トークスクリプトと電話をかけるリストを用意して行います。

声のトーンであったり、スピードであったりなど、テクニック一つで数字が大きく変わります。

営業内容③「メール」

メールでアポイントを取る営業手法です。

メールの場合であれば、どこの企業に送るのか、わかりやすいタイトルなのか、魅力的な文章になっているかなど、を気にします。

なかなか返事が返ってこないことも多いので、文章や件名に工夫が必要です。

契約を取るための営業内容について

営業内容①「対面営業(フィールドセールス)」

対面営業は昔ながらの基本的なスタイルと言ってもいいでしょう。

直接お客さんの元へ出向き、資料などを踏まえて商品やサービスを紹介する営業方法です。

「やっぱり直接会わないと!」というお客様も多いので、まだまだ有効な営業スタイルです。

営業内容②「WEB電話(インサイドセールス)」

インサイドセールスとは、アメリカでどんどん浸透してきた内勤型の営業スタイルです。アメリカだと、国土も日本より大きいので、営業でお客さんのところに回るのが一苦労です。

WEB会議で直接話しながら資料も画面で共有して提案します。交通費や移動する時間などが発生しないので、効率的に営業することができ、日本でもどんどんと関心を集めています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

営業という仕事を取ってもやることは1つではありません。

自分にあった営業内容の企業をぜひ選んでください。