実はスキルアップの塊!?営業が楽しいと思う瞬間はココだ

営業 楽しい

営業という仕事が楽しいと思う瞬間はどんな時なのだろう?と気になっていませんでしょうか。

今回の記事では、元営業マンの著者が楽しいと思う瞬間を厳選して紹介いたします。

1.元トップ営業マンが語る!営業が楽しいと思う瞬間はココ

営業が楽しい①「もちろん契約が取れた時」

営業の醍醐味と言えば、やはり契約が取れた瞬間でしょう。

営業が楽しいと思える一番の時です。

契約が取れた場合には、インセンティブが入って給与にプラスされるだけでなく、上司や後輩の信頼も勝ち取れます。

また、何よりも自分がやってきたことの達成感を味わえるので仕事が楽しいと感じられる瞬間です。

営業が楽しい②「仮説検証の実験」

営業が楽しいと思える瞬間は契約を取れた時だけではありません。

一つ例を出して言うと、営業は契約に至るまでに電話でアポイントを取る「テレアポ」をする必要があります。

※もちろん営業手法によるのでやらない会社もあります。

テレアポをする時に、「どうすればアポイントを取れるか?」というのを考え、「こう話してみたらどうだろう?」と仮説を立てて検証をすることができます。

その結果、すぐに成果が出たりすると、自分の考えたことが正しかったんだ!と気づけて、営業をより楽しく感じることができるでしょう。

営業が楽しい③「人脈が広がる」

営業が楽しいと思えるのは、仕事を続けていくと人脈が広がっていくからです。

特に成績の良い営業マンであれば、新規顧客を紹介でもらってくるので、人脈がどんどん広がっていきます。

そこでしっかりと信頼を勝ち取っていれば、仕事をやめても助けてくれる力になってくれるでしょう。

このように、自分との繋がりが広がっていくことは安心にも繋がりますし、楽しいとも思える理由の一つです。

2.実は営業が楽しいと思えるのはスキルアップの塊だから

営業が楽しいと思えるのは、スキルアップの塊だからです。

自分の尊敬するプロゲーマーが言っていたのですが、

「ゲームをすることが楽しいんじゃなくて、成長する実感があるからゲームは楽しく感じる」

という話をしていて、本当にその通りだと思いました。

ゲームをしていて、レベルアップをする、新しい技が出せるようになる、など目に見えて成長することは楽しいのです。

もしも、何も成長しない主人公のゲームがあれば、楽しいわけがないですよね。

営業が楽しいと思えるのは、成長する実感がたくさんあるからです。

3.営業職ではどんなスキルアップができるの?

取得できる営業のスキル①「コミュニケーション力」

営業職は面識のない人とたくさん出会います。

多い人であれば、1日に2〜3訪問もある人がいらっしゃいますので、初対面の人と会う数も必然的に多くなります。

1年も続けて入れば、それだけの経験数が力となりますので、コミュニケーション能力がついてくるでしょう。

また、やり手の営業マンであれば、アイスブレイクなどのテクニックも応用し、商談をスムーズに行うことができます。

アイスブレイクに関しては、こちらを参考にしてください。

http://redcat75.sakura.ne.jp/okane-book/chat/

取得できる営業のスキル②「ニーズを把握する力」

営業マンはお客様の課題を見つけて、最適な解決策を提案するためにもニーズを把握する力が必要です。

「お客さんは何を課題に感じてるのか」「どこに懸念点を感じているのか」会話を進めながら把握しなければいけません。

ニーズを把握する力=ヒアリングする力

と言ってもいいぐらいヒアリングが大切です。

例えば、「他社さまにはなるんですが、営業部の抱えている問題として資料作成のコストが莫大にかかっていると答えていただきまして、◯◯さまの会社ではどうですか?」

など、ヒアリングをうまく進めながら相手のニーズを把握していきます。

優秀な営業マンであれば、ヒアリングしなければならない項目なども整理されており、臨機応変に対応できるのです。

取得できる営業のスキル③「仕事の思考法」

営業は、「仕事の思考法」全てが詰まっていると思っています。

例えばですが、

「売上を上げるために何をすればいいのか?」

という課題があるとして、「訪問数が足りない」と考える。

訪問数が足りないのであれば、どうやってアポイントを取ればいいのか?

電話?飛び込み?メール?紹介?広告?

電話をするのであれば、何件電話をすれば、1訪問取れるのか?

逆算して考えることができるので、仕事の思考法全てが詰まっており、どんどんと仕事のスキルが磨かれていくと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

営業が楽しいと思える理由について紹介いたしました。

ぜひ参考にしてください。