フィリピンの旅行費用はいくら?ツアー料金から滞在費まで

フィリピン旅行費用

フィリピン旅行といえば、セブ島が大人気ですね。日本から4時間のフライトで、楽園リゾートに到着です。

真っ白なビーチや紺碧の海、目くるめくダイバースポット。都会の忙しい生活から一飛びで心と体のリフレッシュ休暇を過ごせます。

また、首都マニラでは、スペイン統治時代などの世界遺産登録の歴史的教会などが見落とせません。

フィリピンへの旅行を思い立ったあなたのために、フィリピン旅行にかかる費用を調べました。ツアーから個人旅行まで、ぜひ参考になさってください。

1.フィリピン旅行をツアーで行く場合の費用は?

フィリピン旅行費用

1-1 添乗員同行フィリピンツアーの旅行費用相場は?

フィリピンは、大統領が変わってから治安が良くなったとはいえ、残念ながらまだまだ治安がいいとは言えません。初めてのフィリピン旅行なら、添乗員同行のツアーが安心できますね。

添乗員同行ツアーなら、往復の航空券、宿泊ホテルに加えて、現地での移動、食事代、観光地の入場料、現地ガイドなど旅行にかかるほとんどの費用がセットされています。

ツアー代金を比較してみました。同じツアーで料金に差があるのは、出発日による差です。ゴールデンウィークや年末年始出発などは高くなります。

フィリピン旅行のベストシーズンは、乾季である12~5月ごろです。3~5月は波が穏やかなのでマリンスポーツには適しています。6~11月は雨季なうえに、台風に注意です。

フィリピンツアーでは人気の5日間コース、一人分の旅行代金です。およそ18万円程度と考えるといいでしょう。

1-2 フィリピン旅行フリープランの費用は?

フリープランとは、往復の航空券と現地のホテルのみがセットされたもので、現地の移動や食事、観光地の入場料等は含まれていません。

フリープランでは、人気の3泊5日間で5~10万円程度が一人分の旅行代金です。セブ島で、ずっとマリンスポーツをしていたい、マリンスポーツだけが目的などという人には向いているかもしれません。

マニラでも、団体行動が苦手、自由に歩き回りたいという人にはおすすめです。

2.フィリピンへ個人旅行で行く場合の費用まとめ

フィリピン旅行費用①「航空券」

マニラ往復航空券は、5日間で約25,000~93,000円です。ただ、出発時刻や乗り継ぎ回数、シーズンによって料金は変動します。

また、早割を利用すれば安くなります。ゴールデンウィーク、年末年始などは、15万円を超えるものもあります。

フィリピン旅行費用②「ホテル」

ホテルの宿泊料は、マニラで1,000円台~数千円が相場です。世界的チェーンでも20,000円前後です。

マニラでは、1泊400円などという驚きの価格のホテルもあります。

セブ島では、2,000~5,000円前後です。もちろん、時期によって価格は異なります。

フィリピン旅行費用③「食事」

個人旅行なら、予算によって食事場所を選んで、倹約しようと思えば倹約できます。帰国日の最後の1食だけはリッチにするなど、食事代にメリハリをつけることができます。

フィリピンで地元のレストランや屋台で食事をすると50~300円程度で1食食べられます。

もちろん、観光客向けの高級レストランやフィリピン料理の人気店でも、リーズナブルなところだと1,500円ぐらいからあります。

ちなみに、フィリピンの通貨はフィリピン・ペソ(PHP)で、1PHPは約2円です。

フィリピン旅行費用④「観光」

セブ島ではマリンスポーツをしたいですよね。ダイビングで約13,000円、シュノーケリングで2,500円前後です。ジンベエザメと泳ぐシュノーケリングツアーで18,000円ぐらいです。

外国に行ったら、自分へのご褒美にマッサージやスパをする人が多いと思いますが、マッサージ2時間8,000円ぐらい、スパ3時間で18,000円ぐらいです。

フィリピンは物価が安いので、タクシーも安いです。セブ島でのタクシー初乗りで約110円、タクシーの加算料金は、約9円です。

乗り合いバスの「ジプニー」やトライシクルはめちゃくちゃ安いですが、スリの被害にあう可能性や、値段交渉など初めてだとハードルが高いかもしれません。

最後に

フィリピン旅行にかかる費用をまとめました。セブ島の青い海でダイビングをしたら、日ごろの疲れが洗い流せそうです。

物価は日本に比べて格段に安いですし、治安も一時に比べてずいぶんよくなりました。日本から4時間のフライトで訪れることができるフィリピンなら、気軽に行けそうですね。

ただ、一時に比べてよくなったとはいえ、まだまだ治安は良くないですから、十分気を付けて、フィリピン旅行を楽しんできてくださいね。