マーケティングで重要!ペルソナの決め方をかんたん紹介

ペルソナ

マーケティング用語できく「ペルソナ」とはなんだろうと思っていませんでしょうか。

今回の記事では、ペルソナとは何か、ペルソナの決め方についてかんたんに紹介しています。

1.ペルソナとは何か?

ペルソナとは、サービスを利用してくれる、もしくは商品を購入してくれる架空の人物像のことを言います。

ペルソナで大切なことは、その架空の人物が存在するかのように想像して設定する必要があります。

ペルソナの決め方について

・性別

・年齢

・住所

・職種

・所得

をまず設定しましょう。

「お土産 渡し方」で検索しているユーザーのペルソナを作ろう

名前:田中 太郎

年齢:30歳

職業:サラリーマン

世帯規模:未婚、子供なし

学歴:大卒

住所:東京

そして、ペルソナは、大きく4つのことに注意をしながら考えて作ります。

・深層心理や潜在的欲求を探る

・共通のパターンはあるのか

・欲求の度合いはどのくらいなのか

・その人の生い立ちから現在までを探り、なぜそのキーワードで検索に至ったのか

ペルソナのなぜその検索に至ったのかを探る、具体例

田中太郎は、新卒で入社した会社で毎日忙しく働いていた。社会という荒波にもまれ、疲れから飲み会などはあまり参加せず、恋愛からは遠ざかっていたこともあった。

しかし、ここ数年は仕事も波に乗り収入も安定し、少し金銭的にも精神的にも余裕も出てきた。

そんな中、中途採用で入社したA子さんに29歳の時に恋愛に発展した。1年も付き合っていて、彼女の親に挨拶をしていなかったので、きちんと挨拶に行きたいと思っていた。

次の休みをとれた際には、思い切って彼女の実家に挨拶にいきたいと思っている。お土産は美味しいと有名な老舗の和菓子を用意した。

失敗できないので、「何を話せばいいのだろう?」「そもそもお土産っていつのタイミングで渡すのかな?」などが気になってきた。

「お土産 渡し方」

で検索。

ペルソナを作って、初めてわかったことは?

実際にペルソナを作ってみると、その人の感情や状況などの背景が想像しやすくなります。

その人にどんな情報を提供したら最高に喜んでもらえるか、頭で考えただけではわからない深いニーズを発見することができます。

・お土産を渡すタイミングは?

・なんて言いながら渡せばいい?

・紙袋ごと渡せばいいの?

※ペルソナの作り方でやってはいけないこと

ペルソナを単純な顧客の属性でセグメントすることはダメ。

30代のサラリーマン、40代のOLなど