営業時に「商品の値段が高い!」と思わせないコツを紹介

高い

営業時に「商品の値段が高い!」と思われないためにはどうすればいいだろうと悩んでいませんでしょうか。

実はちょっとした営業のコツがあります。

今回の記事では、先輩に教えてもらった会話例を元に紹介させていただきます。

1.営業時に「商品の値段が高い!」と思わせないコツ

営業時に商品が「高い!」と思わせないためのポイント

ポイント

①商品の魅力を十分に伝えられる

当たり前ですが、商品の魅力が伝わってなかった場合、その商品を買おうと思う人はいません。

なので、なぜこの価格なのか、これを買うことによってどんな良いことが起きるのか、お客さんに想像できるようにするのが営業のお仕事です。

②自社商品よりも価格の高い他社の商品例をさりげなく伝える

商品が高いと思われないように、他社の商品の価格を伝えておくというのも大切です。

弊社の商品の値段は100,000円ですが、B社の場合だと200,000円で倍以上するという前提知識がお客さんに理解されていると高いと思われにくいでしょう。

③あなたは経営者なので、適切に判断できますよねというのも含める

価格だけを見て「高い!」と判断されないように、あなたは経営者なのでこの価格が適正なのか判断できますよね?というのを会話の中に含めておくのも大切です。

先輩から教わった時の会話例「営業で高いと思わせないノウハウ」

後輩

僕が営業をすると、最後に「値段が高い。ちょっと考えさせて欲しい」と言われてしまいます。

どうすれば、高いと感じない、むしろ良心的な価格だと感じてもらえますか?

先輩

まずは、その商品の魅了が全然伝わっていないのが問題かもね。まずはそこができることが大切。

さらにポイントを1つ教えるとすると、自社商品よりも高い、他社の商品をこっそりと伝えておくことが大切なんだ。

後輩

どういうことですか?

先輩

商品を説明している時でも、雑談している時でも問題ないけど、

「こういう顧客管理するツールってたくさんあってどれが最適なのかわからないですよね。

大手の◯◯だと、1ID発行するのに10,000円するので従業員20名導入しようとすると毎月20万円かかるんですよ。

自分が社長だったら「よし!じゃあやって見るか」って判断しにくい値段なんですよね〜。」

というのを先に伝えておく。

後輩

それを先に伝えておくと、どうなるんですか?

先輩

例えば、自社サービスが1ID3,000円だとするならば、必然的に先ほどの10,000円と比較してしまう。

その中で商品の魅力をしっかりと感じていれば、価格は安いと感じてもらえると思うよ。

後輩

なるほど、早速、次の営業から試して見ようかと思います!!!

いかがでしたでしょうか。

商品が高い!と思わせないためには、魅力を伝えられてることはもちろんですが、ちょっとしたテクニックもあります。

ぜひ参考にしてください。