コンテンツマーケティングとは?誰でもわかるように簡単説明

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは何か、詳しく知りたいと思っていませんでしょうか。

今回の記事では、コンテンツマーケティングとは何かをわかりやすく紹介します。

1.コンテンツマーケティングの前に、コンテンツってなに?

コンテンツマーケティングの説明をする前に、そもそもコンテンツって何?って思っていませんでしょうか。コンテンツを、直訳すると「内容」や「中身」という意味があります。

しかし、最近WEBサイトで使われている意味としては、ただ単に内容を指すだけではなく具体的な「情報の中身」のことを言います。

なので、WEBサイトのコンテンツとは何?と言われたら、サイト上にある記事だと思ってもらって問題ありません。

2.コンテンツマーケティングってなに?

今回ご紹介させていただくコンテンツマーケティング。

実際に、「コンテンツマーケティングって何?」と聞かれると、一概に「これです!」とは答えづらいものです。

実際にコンテンツマーケティングとは何か調べてみました。

いろいろ調べて出てきたコンテンツマーケティングの一覧

・価値のあるコンテンツの制作して、見込み顧客のニーズを育成すること

・コンテンツを作り、その後購買を経て、最終的にはファンとして定着させるマーケティング手法

・バズる(拡散する)ようなコンテンツを作る手法

・ブログを書くこと自体がコンテンツマーケティング

たくさんあってよくわからないですね。

調べているうちに、コンテンツマーケティングの生みの親とも言われる、アメリカのコンテンツマーケティングインスティチュートによる定義と言うものに出会いました。

Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.

「適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。」

引用:https://contentmarketinginstitute.com/what-is-content-marketing/

偉そうに聞こえるかもしれませんが、私自身が勉強してきたことや実践してきたことを踏まえても、一番しっくりくる答えに感じます。

もっと噛み砕いて簡単に説明すると、コンテンツマーケティングとは下記の2つをマッチングさせることです。

・コンテンツを作る側は、ユーザーの求めているものを把握して提供すること

・ユーザーは、自分の知りたい情報、その情報を読んだ後にどうすればいいのかを理解すること

これをマッチングさせるのがコンテンツマーケティングです。

3.コンテンツマーケティングの理解が深まるとどうなる?

コンテンツマーケティングの理解が深まっていくと、どうなるのかについて説明させていただきたいと思います。

その前に、コンテンツマーケティングの知識がない人が、どのようにお客さんをWEBで集めていたのかを紹介したいと思います。

まず最初に、自分のサイトを作ったとします。ただサイトを作っただけですと、誰も見てはくれませんよね?

そのサイトに来てもらう人を増やすためには、知ってもらう必要があります。

それでは、どのような方法があると思いますでしょうか?

一つは、「広告」です。

広告を出せば、サイトを見にきてくれる人は増えます。その広告の種類の一つに、リスティング広告というものがあります。

皆さんも見たことがあると思いますが、このタイトルの下に広告という記載されているのがそうです。

リスティング広告を出すのは簡単で、

①商品の紹介ページを作る

②そのページを広告を出す

というので簡単に出せます。

このリスティング広告の費用というのは、1クリックあたり10円であったり300円であったりなど、単価が決まっています。

「私は費用が高くてもいいので、この検索されるキーワードで広告を出したい!」という人が多ければ、1クリックの単価はどんどん高くなってきます。

そうなると、広告の費用がものすごく高くなってしまったり、なかなか改善しにくいなどのデメリットがあります。

具体的に説明させていただくと、

20万円の広告費用に対して30万円の利益が出ていたとします。もしも30万円に広告費が上がってしまった場合、どうなるしょうか。

そうです。利益がでなくなってしまいます。

改善したいと思っても、広告費用は単価で決まってしまいますので、なかなか改善するのが難しいでしょう。

それでは、自社でコンテンツを持つことができればどうでしょうか。

広告に頼らなくてもお客さんを集めることができます。

コンテンツマーケティングのメリット

・良いコンテンツが蓄積されたメディアは信頼される

・宣伝費を抑えることができる

・ファンを増やすことができる

・自然な形で情報を発信できる

・コンテンツがシェアされる

・コンテンツが資産となる

などがあります。

コンテンツマーケティングのデメリットは?

・制作の時間はかかる。(即効性がない)

・継続が大変(順位や数字がつくまで長期的に見る必要がある)

誰も見てないからやる気がなくなって、やらなくなるというのはよくある話です。

その原因として、たくさん記事を書いても見てくれる人がいない、自分のやっていることが進んでいるのかどうかわからない。

ブログなどの日記をやめたことがある人も多いでしょう。

コンテンツマーケティングの知識をうまく使ってユーザーを集め、また、分析までできるようになるとすごく楽しくなります。