カナダのツアー旅行の費用、個人旅行の費用をまとめて紹介

カナダ旅行費用

雄大な自然に恵まれたカナダ!カナダの紅葉を見てみたい!オーロラをうっとり眺めたい!ナイアガラの滝に息を飲んでみたい!カナディアンロッキーを感じたい!

そんなカナダに憧れている方も多いと思います。

カナダと言っても、広大な国土ですから、東部大西洋側と西部太平洋側とでは雰囲気も大きく異なります。カナダ旅行にかかる費用をまとめました。

1.カナダ旅行のツアー費用を徹底比較しました

カナダ旅行費用

カナダの添乗員付きツアー費用はどれぐらい?

添乗員付きツアーには、往復の航空券、ホテル代、カナダでの移動、食事代、観光地の入場料、現地ガイド代など、カナダでかかる費用のほとんどがカバーされています。

現地での手続き等もいらないので、安心です。

A社の場合

行き先はモントリオール、ケベック、ナイアガラなどカナダ東部。直行便利用。

184,800~194,800円

B社の場合

行き先は、バンクーバー、ビクトリアなどカナダ西部。直行便利用。

189,000~228,000円

C社の場合

行き先は、カルガリー、バンクーバー、トロント、ナイアガラの滝などカナダ横断。直行便利用。

209,800~289,000円

D社の場合

行き先は、イエローナイフ。オーロラ観賞の旅。

368,000~463,000円

カナダツアーでは人気の6日間コースで比較しています。同じツアー内の価格の差は、主に出発日による差です。

カナダの目的地、旅行の目的などによって大きく価格に開きがあります。

カナダにフリープランで旅行する費用はどれぐらい?

カナダまでの往復航空券とホテル代がセットになっているのがフリープランです。現地での交通費、食費、観光地の入場料などは含まれません。

A社の場合

バンクーバー6日間(空港とホテルの送迎付き)直行便利用。

170,800~504,800円

B社の場合

バンクーバー6日間(送迎なし)直行便利用。

119,800~209,800円

C社の場合

トロント6日間 乗継便利用。

154,800~229,800円

2.カナダ個人旅行にかかる費用詳細について

個人旅行をする場合、その国の物価の高低によって、かかる費用が大きく変わってきます。カナダは、日本よりやや高いという感じです。

カナダの個人旅行でかかる費用①「航空券」

カナダへの航空券は、太平洋側のバンクーバーか、大西洋側のトロントかによって、格安航空券でも2~3万円違ってきます。

バンクーバー:直行便

20万円台

乗継便

8万円~

トロント:直行便

28万円ぐらい

乗継便

11万円~

カナダの個人旅行でかかる費用②「宿泊費、ホテル」

ホステル・ドミトリー

3,000円~

モーテル・格安ホテル

6,000円~

中級ホテル

15,000円~

高級ホテル

20,000円~

最高級ホテル

30,000円~

カナダのホテルは、一人当たりの値段で計算せず、一部屋単位で価格設定されています。

ダブルルームに二人で泊っても、一人で泊っても料金は同じです。複数の人で部屋をシェアすれば安く抑えることができます。

カナダの個人旅行でかかる費用③「食事」

カナダでは、レストランの値段が日本に比べて高い傾向にあります。

旅行中の食事を安く抑えたいなら、ファストフードやフードコートで食べるとチップもいらず、コストを抑えることができます。

最終日にホテルでディナーするなどメリハリをつけるといいかもしれません。

※1カナダドル=82円程度

フードコート

10~15カナダドル

ファストフード

10カナダドル

ファミリーレストラン

15~20カナダドル

高級レストラン

30カナダドル~

カナダドルは、2019年7月現在、1カナダドルが82円前後で推移しています。

カナダの個人旅行でかかる費用④「観光」

スカイロンタワー

(ナイアガラの滝にある高さ160mの展望タワー、回転展望レストランもある)

大人 15.02カナダドル

CNタワー

(トロントにある高さ553.33mの電波塔。2007年までは世界一の高さを誇っていました)

Look out レベル 38カナダドル

Sky pod レベル 53カナダドル

キャピラノ吊り橋

(バンクーバーにある長さ140m、川からの高さ70mの吊り橋)

大人42.95 カナダドル

カナダの個人旅行でかかる費用⑤「交通費」

バンクーバーの公共交通機関はすべてトランスリンク社が運営しており、バス、シーバス(フェリー)、スカイトレイン(電車)がすべて同じ乗車券で乗り降り自由になっています。

ただ、ゾーン制、90分間の時間制など旅行者にはわかりづらいかもしれません。おすすめは、ICカードのコンパスカードです。

トロントの公共交通機関は、TTCのみで地下鉄、バス、ストリートカー(路面電車)を運行しています。

一律の料金(1回3ドル25セント)を乗車前に支払います。

最後に

カナダ旅行に関する費用をまとめました。カナダ旅行と一言で言っても、広い国土ですから、東部に行くか、西部に行くかによって大きく見るものも違います。

いずれにせよ、カナダは豊かな自然に恵まれた国です。どの季節に行っても、大自然があなたを癒してくれることでしょう。

行く前に、カナダで何を観たいのか、カナダで何をしたいのかと目的を明確にすることが、カナダ旅行を楽しくする第一歩かもしれません。