怒りの感情コントロール!アンガーマネジメントは超重要

怒り

怒りの感情を自分でコントロールしたいと思っていませんでしょうか。

自分の怒りをコントロールすることをアンガーマネジメントと言います。

今回の記事では、著者の実体験に基づいた怒りの感情コントロール方法を紹介いたします。

怒りの感情コントロール!アンガーマネジメントをする3つの方法

感情コントロール①「深呼吸をして呼吸を整える」

怒りの感情を抑えるために、深呼吸をして呼吸を整えることは効果的です。

怒りのピークは6秒と言われており、深呼吸をして落ち着きましょう。その6秒間を我慢できれば感情とうまく付き合うことができます。

また、自律神経のバランスを整えるのに呼吸はとても重要であり、イライラしにくい自分を作って行くのにも期待できます。

感情コントロール②「その場から離れる」

とにかく怒りがふつふつと溜まってきたら、その怒り爆発する前に、ストレスの原因を作る場所から離れることが良いでしょう。

場を離れると、時間が経つにつれて冷静に判断できるようになってきますので、

「何が悪かったのだろう?」

「私もこういう部分がダメだったな」

などと俯瞰的に物事を判断できるかもしれません。

怒りの感情に飲まれてしまい、思ってもないことを言ってしまう方が怖いです。

「とにかく喧嘩になってしまう!」と思ったらその場をすぐに離れましょう。

感情コントロール③「俯瞰的に自分を捉える」

感情をコントロールするためには、俯瞰的に自分を想像してみましょう。

「いま自分はどれくらい怒ってるように見えてるのかな?」

「どれくらい自分は怒ってるのだろう?」

という視点で見ると、自分を第三者のように捉えることができます。

そもそも怒らないようにするためにはどうすればいい?

ポジティブに考える

物事をポジティブに考えることから始めてみましょう。

「自分のことを相手はこんなふうに思ってるのではないか」

という自意識過剰な部分を持っていると、どんどんネガティブになってしまいます。

蓋を開けてみると、自分のことを相手は考えていなかったり、勝手な思い込みだったりすることなどはよくあります。

ネガティブに捉え過ぎてしまうと、自分で自分のストレスを溜めてるだけになりますので意味がありません。

与えても、求めてはいけない

「GIVE&TAKE」の考え方はダメです。

その考え方だと、

「俺はこれをやってるのに、あいつは返してくれない」

「これをやっても得しないからやらない」

となってしまうでしょう。

とにかく「GIVE&GIVE」の考え方に変えましょう。

返してくれなくても気にしないようになれますし、とにかくポジティブに与えることができる人は、人が集まってきます。

その心が大切です。