中途入社の社員が会社をすぐ辞める理由をわかりやすく紹介

中途入社 辞める

中途入社の社員がすぐに辞めてしまう…とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

採用するのにもお金がかかるので、理由があるのであれば知っておきたいですよね。

今回の記事では、中途入社の社員が会社を辞めてしまう主な理由を紹介しています。

中途入社の社員が辞めてしまう5つの理由

中途入社が辞める理由①「職場の雰囲気が合わないと感じる」

職場環境が変わるので、どうしても前の職場と比較をしてしまいます。

例えば、「前の上司はこんな理解があった」「経営方針、社風が合わない」「労働時間が長い」「後輩が言うこと聞いてくれない。」

などがあります。

もし辞めようかと悩んでいる中途入社の方がいたら、一つ一つ職場環境の悩みを聞いてあげると良いでしょう。

中途入社が辞める理由②「仕事に慣れない」

考えていたよりも同じ仕事のようで違うことがあります。

営業でもルート営業と新規顧客獲得の営業では手法が全然違います。また、会社での戦略などもあればさらに違ってくるでしょう。

そのギャップに慣れることができなかったら、ワークライフバランスが崩れてしまいます。中途入社の方が辞めないようにするには、研修などのオンボーディングが大切です。

中途入社が辞める理由③「給与やインセンティブの不満」

給与やインセンティブの不満があって、中途入社の方が辞めてしまうことは多いです。

最初の給与は納得して入ったとしても、「こんなに成果を出しているのに昇進しない。」「仕事内容と給料があっていない」などと感じるのです。

キャリアアッププランをしっかり立ててあげると良いでしょう。

中途入社が辞める理由④「面白くない・飽きる」

仕事が面白くないと感じる、飽きてしまい辞めてしまうというのもよくあります。

モチベーションが低下してしまうのです。

仕事が面白くない、飽きてしまう原因としては、成長実感ができないからかもしれません。

人は成長を実感できると楽しいと感じますが、同じ作業を淡々とやっているなどは飽きてしまいます。

中途入社が辞める理由⑤「不平等」

給料もそうですが、タスクの割合や人に対する接し方など、不平等や理不尽に感じて辞めたいと思っている人もいます。

特にタスクの割合はしっかりと上司が把握してあげることが大切です。