【解説】5gで変わることは?そして暮らしや仕事はどうなる

5g変わること

最近テレビや新聞、youtubeなどで「5g」と聞くけれど、なにがどうなるの?と気になっていませんでしょうか。

実は、5gに変わることは、すごい可能性を秘めているのです。

今回の記事では、5gとは何か、どう変わるのかを簡単に説明します。

そもそも「5g」ってなに?

そもそも5gの「g」ってなんの略なのかをご存知でしょうか。

「5th generation=第5世代移動通信システム」を意味しているのです。

携帯電話の第5世代がくるってことですね。

「1g〜4g」とは?

1980年代「1g」

初めての携帯電話が発売された時代のことです。

映像で一度は見たことがあるのではないでしょうか?

電話機を肩にかけて持ち歩いてるような姿を。

これが携帯電話の第一世代です。

1990年代「2g」

第二世代になるとメールが登場します。

メールは仕事で使っている方が多いと思いますが、非常にいろいろなことが便利になりました。

2001年「3g」

第3世代になると「iモード」が登場します。

iモードを使ったメールは、その当時ショートメールよりも安く、大ヒットしました。

「・・・@docomo.ne.jp」というのは、iモードのメールドメインのことです。

2012年「4g」

携帯電話の第4世代となると、動画やスマホが普及しました。

超高速大容量通信は可能となったので、スマホで動画を見ることも可能になったのです。

これから「5g」で可能になることは?

「5g」は下記の3つが可能になります。

・高速大容量通信

・多数同時接続が可能

・超信頼・超低遅延

言葉だけだとわかりづらいと思いますので、いくつか例をあげて説明していこうと思います。

「動画はどうなる?」

例えば2時間の映画があるとします。それも3秒でダウンロードいけるくらい早くなるでしょう。

電車の中で「あ、この映画見よう!」と思ったらすぐ楽しむことができます。

「ゲームはどうなる?」

超遅延、多数同時接続が可能になるので、想像できないような人数で一緒にゲームを楽しむことができるようになります。

ラグもなくスピードもサクサクで、需要が伸びていくかと思われます。

「スポーツはどうなる?」

VR・ARでライブスポーツを見れるようになると言われています。

また、マルチアングルでどの映像が見たいのか、どの選手を注目したいのか、なども自分で合わせることができるようになるかもしれません。

「車はどうなる?」

5gになることで自動運転がどんどん普及していくのではないかと思われます。

そもそも絶対に遅れることができないから自動運転できなかったのです。

超低遅延になるので遅れもなく、自動運転も可能になるのです。

「医療はどうなる?」

遠隔で手術することが可能になるかもしれません。

今までできなかったのは、これも車と一緒で遅れることができないからです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

5gに変わることで、未来はどうなっていくのかを簡単に紹介いたしました。

そして6g、7gはどうなっていくのでしょう。

もしかしたら未来はスマホそのものが消えていくかもしれないません。

ぜひいろいろなことができる5gを楽しんでもらえればと思います。